タスク優先度を連携する

このチュートリアルでは、タスクの優先度を2つのツール間で共有します。タスク管理アプリで設定した優先度をプロジェクト管理ツールに引き継ぎます。その際、振り分けとフィルタリングが必要になるため、ルーター、フィルターの2機能を使って実装しました。

個人タスク管理とプロジェクト管理で優先度を同期する

自動化の概要

タスク管理アプリTodoistで設定した優先度(プライオリティ)を、プロジェクト管理ツールClickUpで引き継ぎます。これによって、手動でタスクの情報を編集することなく、情報を引き継ぐことが可能です。

また、Integromatのメイン機能、ルーター(分岐)とフィルター(絞り込み)を使ったアプリ開発、ワークフロー自動化のヒントになるサンプルです。

お詫び:動画では、一部タスクの振り分け順序がズレており、本来意図したタスクの振り分けになっていません。しかし、処理と実装は同じです。申し訳ありません。

ワークフロー

以下ワークフローの「3/4(75%)」は自動化され、人の手を介しません。

  1. タスク実行者はタスク管理アプリでタスクを登録する

  2. システムは登録タスクの優先度を取得する

  3. システムはタスクの優先度ごとに処理を振り分ける

  4. システムはプロジェクト管理ツールにタスクを登録する

緊急タスクと通常タスクに振り分ける

使用ツール

応用イメージ

簡単な拡張

マネジャー向け:複数プロジェクトを管理する場合、プロジェクト名(ID)で振り分けることも可能です。例えば、外出先から緊急タスクを登録したい場合、ClickUpのモバイルアプリではなく、Todoistアプリから登録することができます。操作性においてシンプルです。

高度な応用

カスタマーサポート:顧客からの問合せを一元管理しつつ、担当者・担当部署で振り分けることが可能です。この場合、TodoistとClickUpを逆に実装することで、ClickUpをHQ(ヘッドクォーター)的な位置づけにできます。

この場合、Google Formsなどをつかう安価版、ClickUpのフォーム機能を使う便利版などが考えられます。より高度な一元管理はHubSpotをつかうと低コストです。

ClickUp有償版にはフォーム機能がある