カスタマーサポート用アプリを開発する

カスタマーサポート管理を手動でやっている。SaaS導入はコスト的にまだ厳しい。そんなときは、プロジェクト管理ツールで代替しましょう。オススメのツールはClickUp(クリックアップ)です。

プロジェクト管理ツールをカスタマイズする

自動化の概要

ホームページからのお問い合わせをチケット管理します。

この自動化により、お問い合わせ内容をチケットとして管理できます。また、エラー処理と通知にSlackを使っているため、チケット管理にエラーが生じても、設定次第で任意のSlackチャネルにデータを残すことが可能になります。

ワークフロー

以下ワークフローの「3/4(75%)」は自動化され、人の手を介しません。

  1. ユーザーは問い合わせ内容を送信する

  2. システムは送信内容をチケット化する

  3. システムはチャットに通知する

  4. システムはエラーをチャットに通知する

ClickUpでサービスチケットを管理する

使用ツール

応用イメージ

簡単な拡張

社内レポート用のアプリを開発できます。

チュートリアルと同じ要領で、社内のフォームからWebhookもしくはMailfookを起動し、管理用アプリにデータを登録することが可能です。フォームはGoogle Formsであれば、アクセス制限がカンタンですし、Slackアプリの知識があれば、チャットにフォームを実装することも可能です。

高度な応用

サポートに要した時間も管理できます。

振る舞いを把握するまでは手動運用がオススメです。ClickUpモジュールにはタスク関連の豊富なオプションがありますので、より高度なサポートアプリを開発することも可能です。

対応時間の設定オプション